コスチュームジュエリーとは

アクセサリーとは違うのでしょうか?

私達は、普段、何気なくネックレスやイアリング、ピアスなどを「アクセサリー」と呼んでいますが、これは、日本でしか通用しない呼び方です。海外では、一般的に「コスチュームジュエリー」と呼ばれています。

 

つまり、私達がアクセサリーとイメージしているものの本来の名称がコスチュームジュエリーです。欧米でアクセサリーと言うと、カーアクセサリーやルームアクセサリーなど「本体に付属するもの」を指すようです。

 

 

ハイジュエリーとの違い

コスチュームジュエリーに対して、ハイジュエリーは、金やプラチナなどの貴金属、貴石(ダイヤモンド, サファイア, ルビー, エメラルド, 真珠など)など高価な素材で作られたジュエリーです。

 

コスチュームジュエリーは、素材としての価値にとらわれず、デザイン性を重視します。 プラスチック、ガラス、木,人造宝石など、自由な発想で多種多様なものが使われます。
 

 

コスチュームジュエリーの起源

かつては王侯貴族が権力と財力の誇示のために身に着けていたハイジュエリーですが、イミテーションを作る技術の発展とともに次第に富裕層、そして一般庶民に取り入れられるようになります。

 

20世紀初めには、第一次大戦による社会情勢の変化に伴い、女性の社会進出が進み、自立の意識が目覚めました。動きやすい服装と個性を演出するためのコスチュームジュエリーが女性たちからの支持を得ます。

 

国内でもファンの多いブランド、シャネルの創設者ココ・シャネルはコスチュームジュエリーの先駆者でもあります。

 

アメリカでは、ハリウッドスターが身に着けたことから一般女性に急速に広まりました。